2008年7月29日双子の姉妹を出産。双子も早1歳、 写真で双子たちの成長・日常をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りんももママ
 
[スポンサー広告
わたくしごと。悶々とする日々
最近イライラしているママでした・・・・。


りんかが夜中大泣きして、なかなか泣きやまず放置して(結局パパが起きてきて抱っこで泣きやみましたが)
それ以来、りんかの泣きっぷりがひどくなってました。

そばにいないと泣きだす。後追いを思い出すかのようなみごとな泣きっぷり!成長してさらに泣きに磨きがかかったかのようにしっかり泣いてくれます。

ほっといたのが悪かったんだろうなぁ~ってなんとなく分かってます。まだまだ抱っこしてほしいんでしょうねきっと。そして私が離れるとほっとかれるんじゃあないかって思っちゃってるんでしょうかね。

もういい加減に泣くのはやめてよ。ももかは全然一人でも遊ぶのに・・・・。なにも用事ができないじゃない。・・・・・・などなど思っちゃって、なんだかすっきりしない日々でした。



それに二人のいたずら(?)、TVボードに上る、お茶をわざと噴き出して服をべちゃべちゃにする・・・
しっかりしつけないと!と怒ってばかりの日々。
何度言っても分からない二人。
お茶をこぼすたびに、「こぼしちゃだめ!」って言ってほっぺをむぎゅって押す私・・・・・

叱り方が悪いのか、叱るのが悪いのか、どういう態度をとっていいのか分からずやさしく言ってみたり、きつくしかってみたり・・・・・
きつくいっても二人は怒ってる私を見てヘラヘラ笑う・・・・・


昨日の夜このままじゃいかん!と思って「しつけ」って検索してみた。
こんな文を発見↓ 子育てネット.jp


「しつけ」とは、子どもに何かを仕込むことではありません。
子どもの自主性を育てること。
人間として必要な道徳を教えること。
そのために必要なアドバイスをして助けてあげること。
これが「しつけ」です。
ただ単に叱りつけるのがしつけではありません。
身の回りのしつけは「叱る」より「待つ」ことが大事です。
叱るのではなく、ほめながらできるまでゆっくり待ちましょう。
子どもがいたずらをしてしまったら
怒鳴ったりせず「困った」気持ちを伝えましょう。
少し大目に見て、次への防止策をとるのです。
言葉でとめられないと感じたときは
抱きとめる、手を握るなどのコミュニケーションをとりながら
制止してあげましょう。
子どもを叱った後は、
気まずい雰囲気のままでいないで
いつもの優しいお母さんに戻りましょう。
優しくフォローして子どもを安心させてください。
またできないことを要求したり、
他の子どもと比較してはいけません。
子どもの発達には大きな個人差があるため、
比較しても何の意味もありません。
また「しつけ」というと
子どもに必要以上のことを求めてしまいがちですが、
無理をさせるようなことはいけません。
子どもの心と体が準備できているかしっかり見ましょう。
ただし危険なことや道徳的なことは
早くから教えてあげることが必要です。
しつけをあまり難しく考えるのは
お母さんにとってもあまりよくありません。
基本的なことが分かったら
「後はなんとかなる」という気楽さを持って
子どものしつけにあたりましょう。




叱るより待つ。私の困った気持ちを表現してみる。難しく考えずに気楽に。
ちょっとやってみようなか~




ちょっとした文ですが、今日の私はなんだか気持ちが楽です。
家の用事?しなくてもいいじゃない。
旦那の食事?弁当でもいいじゃない。「豪勢な食事」って嫌味言われても大いに結構!




ランキング参加中
ポチっと↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村


読んでいただきありがとうございました

スポンサーサイト
Posted by りんももママ
comment:4   trackback:0
[未分類
comment
うんうん!分かりますよー!その気持!
ついイライラしちゃうんだよね・・・><;
しかも・・・×2だしねー
うちも、あんちゃんが、1人では嫌!ママと!!って言う子です~
食事中も気に入らないとご飯投げて泣いて手が付けられません
きなちゃんは自由人で1人で遊ぶしご飯も上手に食べる!
けど、駄目な事して、しかると反応を楽しんで笑ってます
ムカつくんだよねーコレ・・・Σ(|||▽||| )
本当性格も180度違うのでつい比べたりしちゃいます><;
でも、少しずつ理解して来てるし^^いろいろ出来るようになって来てるので
私も!ママ困ってるのよ~って言う気持ちを上手く伝えられるようにしたいです♪
良い記事をありがとうです☆
旦那のご飯なんて良いんです!(笑)ウチは超手抜きだし(笑)
頑張りましょーねヾ(o^▽^)ノ"
2009/10/17 12:21 | URL | edit posted by maimai
やっぱり人を育てるって大変なんやなぁ~
いい言葉を見つけて良かったね
そんなモンモンとするときは呼んでねすぐ駆けつけますよ
話し相手になるよ~
2009/10/17 19:04 | URL | edit posted by ぴろ
わかります(>_<)
ウチも、やっぱり私がいないとダメ!って時があったりして
それでも、私もなかなか難しいときもあったりして
(どうにか対応しようと思えばできるのかもしれないですが^^;)
いけないと想いつつ、キレたりしてます。そして反省の日々です。
二人同時は流石にないのですが、(そうなると倒れますね(;´Д`)ノ)
一人だけぐずりまくると、本当、なんでよぉー!ってなっちゃいます。

そして、お茶。ウチもマグのストローを床に擦り付けて
水浸しにしては、ぺちゃぺちゃ触って→怒る。のくりかえしです。
しかも、怒ってもへらへらしてますね。
私は、両手でほっぺ挟んだり、両手を持ったり。
目を見て怒ってはいるものの、笑い返しがかえってきます。
あぶない、いけないコトの時は、手の甲をパチンと一度挟んで
(結構、叩いている私も痛いです。)それでもへらへらしている時は
おしりも叩いて(おむつなので痛くないかも!?)
教えてはいるものの、お茶の時に、ここまで叱るのもどうかな?と
思って、とどまっている感じデス。

私も日々、子供たちのことは、受け止めて、待って。と
ココロがけてはいるものの、なかなか生活に家事に追われていると
わかっていてもできなかったりしますものね。
でも、こうやって、たまに、うんうん、そうなんだよね。って
りんももママさんみたいな実体験とか、こういう「しつけ・子育て」も
あるのだと、自分の子育てを再確認できるだけでも、
自分だけじゃないんだって。安心?というか、みんな一緒なんだよねって、
また、気持ちを切り替えて進めそうな気がしますよねっ♪

長くなってしまいましたが…私も、気長に。続けてみようと想いマス。
こどもたちだって、その時はわかっていても、うまく理解できないし
うまく対応できないんですよね。
だって、まだ、1歳。人間としても1年ちょっと。
待ってあげないといけないですよね。

あ。ちなみに、家の用事もダンナの食事もテキトーしてますよ。
弁当&お惣菜。多いです。週末は外食も。
でも、いいんです。笑顔のためですよっ♪
やっぱり、疲れているとイライラも増えますからね☆
お互い、頑張りすぎずに、がんばりましょうねっ!
2009/10/18 01:43 | URL | edit posted by やっち
お返事
v-34maimaiさん
どこのうちもあるんですよね~。こうゆう悩み。
なんだか、うちだけじゃないんだな~って思えてホッと安心しちゃいます。
いろんなことが面白いんですよね子どもたちって。母親の怒った反応も面白くて、ダメって言われることを何度もやってみたりね・・・・分かっているけど、腹立ちますよね~(笑)
書いてすっきりして、コメントに元気づけられi-241頑張るぞ~~!



v-34ぴろりん
うんうん、ありがとね。
焦らず、焦らさず。しつけが始まってくるとほんと難しいね。
来てくれるだけで私の気晴らしになるし、二人もうれしがるし。また来てね、そして悶々としたら呼びますね。



v-34やっちさん
ほんとに、みんな一緒なんだ~悩んでるんだ~ってのが分かるとホッとします!ちょっと気分が楽になります。ありがとうございます。
何度言っても分かってくれないから「もう~!」ってなっちゃうけど、やっちさんの言うとおり、まだ1年、ようやく言われていることが分かるようになってきたけど、まだうまく対応できないんですもんね。
私も、『いつかできるようになるんだから』と気長に待っていきたいものです。
子どもたちとは一緒に遊んで、一緒に笑顔でいたいですもんね。
2009/10/18 23:15 | URL | edit posted by りんもも
comment posting














 

trackback URL
http://04061970.blog55.fc2.com/tb.php/299-375b7a08
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。